腰痛 対策法

a5c532648c63d2564cb77dbb0ddb377d_l

 

腰痛はその時の状態によって対策の方法が異なります。

 

  1. 急性腰痛
  2. 回復期
  3. 慢性腰痛

上記の腰痛の状態別に適切な対策法をご紹介します。

腰痛対策法 急性腰痛

痛みがあるという事は実は大事なことです。

ぎっくり腰などの急性腰痛の場合は、患部の毛細血管が破れて炎症をおこしています。
腫れてズキズキとした痛みがでてきます。

 

ぎっくり腰の痛みは身体を守るために出ています。「もうそれ以上無理するな!休め!」という体のサインです。それで体動けないように「八方塞がり」にして体を守っているのです。

 

重いものを持ってぎっくり腰になる人は私の経験上ほんの少数です。普段の日常生活の中しょっちゅう腰痛に見舞われています。たまたま重いものを持ったことが、きっかけで発症しただけのことです。

 

だいたいぎっくり腰になる人は仕事が忙しすぎて、無理に無理を重ね、心の余裕がなくなっていることが多いです。

 

痛めたら痛めたでそこをかばうように、身体はバランスを取ってくれます。痛みが少しでも和らぐように守ってくれるのです。身体にとって不適切な動作をすれば痛みを出して警告を出してくれます。それがぎっくり腰の状態です。

 

当院では全身のバランスが自然に変化した結果、患部の痛みが結果として和らぐような方法で整体を行っています。

 

 

ぎっくり腰整体:冷やさないで治す

ぎっくり腰整体:冷やさないで治す

ぎっくり腰は一般には冷やすことが常識的なやり方ですが、実は温めるほうが回復はスピードが早いのです。

ぎっくり腰の対処法でほとんどの治療家の先生はアイシング、つまり冷やすことを薦めています。常識的なやり方です。一般には急性腰痛は冷やすことが常識になっていますが。実は温めるほうが回復はスピードが早いです。

新潟大学大学院教授の安保 徹先生の「こうすれば病気は治る」のP67を引用させていただきます。

新潟大学大学院教授の安保 徹先生の「こうすれば病気は治る」のP67を引用させていただきます。

 

腰痛になってしまったときに、とりあえず患部を冷やす人が多いのではないだろうか。冷やした方がいいとということは、常識になっているかもしれない。しかし血流回復のしくみを考えれば、自ずと出ている「温めた方がいいのである」

お風呂に入ってもいい。ただし、痛さは増すかもしれないが。痛みは血流回復によるもので、その組織が治されているのだという認識がないと、慌てて湿布薬を貼ってしまうことになる。

テレビなどでも盛んに行われている「インドメタシン使用で、筋肉にじかに効く」などと成分を強調されて、いかにも効くというイメージがあるから、一般の人が信じてしまうのも当然であろう。

次の項目をチェックしてみてください

  • もう何年も慢性腰痛に悩まされ、将来が不安。
  • おしりや太ももの後ろに痛みやしびれを感じている。
  • 背中から腰にかけての嫌な、だるさがある
  • 整形外科で坐骨神経痛と診断された。
  • 腰を反らすと激痛がある。
  • 脊柱間狭窄症と診断され手術を勧められている
  • シップを貼り痛み止めも飲んでいるが、症状が改善しない。

もしあなたが、このような腰痛でお悩みでしたら、
京都市じくう整体院にご相談ください!

治療法を間違えると恐ろしい腰痛

腰痛についての安保徹先生「こうすれば病気は治る」の解説です。

腰痛を訴える人も非常に多い。そして、病院に通っても治ったためしがないといわれるほど厄介な病気である。では、なぜ病院に行っても治らないのか。答えは明快である。腰痛には、必ずといっていいほど痛み止めが処方されている。だから、治らないのだ

 

腰痛が治らない原因はもう一つある。コルセットである。痛み止めを処方して、その上にコルセットである。この二点セットをやれば、腰痛はひたすら悪化する。薬で血流を止め、そのうえに、コルセットで身動きできないようにするわけだから、さらに血流は低下する。二つの治療法によってダブルで血流を止めているのだから、筋力はさらに低下していく。腰痛はますます悪化するわけである。(P63)

 

【推薦図書】

こうすれば病気は治る

新潟大学大学院教授 安保 徹著

 

「体を温めるとすべての痛みが消える」腰痛、ひざ痛、股関節痛、間欠性跛行が治った! (ビタミン文庫)
坂井 学著

  • こうすれば病気は治る
  • 体を温めるとすべての痛みが消える

血流を促進すれば必ず改善するのです!

腰痛患者さんはどうしたらよいのでしょうか?

腰痛対策としては、血流を促進することをすればよいのです。特に「半身浴」がオススメです。

半身浴、運動、リラックス、整体、散歩、温泉、カラオケ、、、なんでもよいのです。
気持ちの良いことを味わい、好きなことを楽しむと、心と体がリラックスして血流も改善します。

じくう整体院では、構造のバランス、生理バランス、神経バランスの3つの観点から血流を促進する整体を行なっています。じくう整体院では、患者さん本人の感覚を最優先し、気持ちよさを感じながら楽になる整体を行なっています。

 

◼︎半身浴の効能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加